津波の予兆と動けない車

ここは何度も来た事のある海辺だ。砂浜ではなく堤防になっている。空は曇天、そのうち雨が降りそうな気配。海は静かなのに何か不穏な空気が漂う。大勢の人が堤防に寄りかかり海を見ている。波打ち際を見ると大量の熱帯魚が海面でピチピチとはねている。(なに、これは。。。!)手ですくうと青や白黒の熱帯魚が手の上で跳ねる。(危険だ。逃げなくては、、。でも時間が無い)一緒に来ていた祖父と(現実では見覚えの無い人)両親とコンクリートの階段を上る。丘の上の駐車場に車をとめてあるのだ。足の悪い祖父を支えながら上りきるが、駐車場は動けないほどみっしり車がとまっている。これは移動して逃げるのは無理だ。ここで津波を待つことになる。助かるのは難しいかもしれない。諦めと、立ち向かう気持ちと半々で海を見つめている。

カレンダー

<   2009年5月   >
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のブログ記事

ベルセーブさんで個展はじまりました
今日からベルセーブさんで個展が…
桜のお祭りの夢
長い長い夢をみた。桜のお祭りを…
ベルセーブさんで個展です
皆様新年いかがおすごしでしょう…

過去のブログ記事一覧はこちら

月別 アーカイブ