2009年7月アーカイブ

ぼくの小鳥

小さな小鳥を手に持っている。深い緑色をしたきれいな羽をしているが、派手な感じではない。手のひらで大事に包み込み、大事そうに眺めている、人差し指でそっと、何度も頭をなでてあげると、いかにも気持ちよさそうに眼を細めている。眠ってしまいそうだ。あたたかいやわらかいいのちだ。なにがあっても僕が守ってあげようと思っている。

だる~だる~と一人でつぶやき続ける風鈴丸です、こんにちは。。暑くて湿気が強いのに弱い私。今年の夏は忍耐力を試されているようですが(;へ:)あっけなくギブ。それにしてもこう高温で湿気が強いと昆虫たちも必死ですね。アトリエの前の窓ガラスには一日中大きな蛾がとまっていましたよ。お腹側しかみえないので羽の模様はわかりませんでした。少しでも日が射すと蝉が一斉に鳴き始めます。蜂も飛び回り、家に入られないように必死です。(風鈴丸は蜂が苦手なのです><)そのせいか、昨日は夢に蜘蛛が出てきました。黄色と黄緑のカラフルな縞模様のタランチュラのような蜘蛛です。左手の甲を噛まれたのですが、夢の中の風鈴丸は「あーー!」というだけであんまり深刻になっていない様子でした。これが現実だったら悲鳴を上げて走り回っているでしょう・・・。暑苦しい話題が多いので、画像は沖縄に行ったときの画像をひとつ。日航アリビラの飲茶ランチですよ~。まるでお菓子のようにきれいですね~(^▽^)/ 飲茶.jpg

気持ちはわかる

暑くて不機嫌な顔をしていたらしく、朝から顔が恐いといわれた風鈴丸です(:_;)こんにちは〜。湿気があると息苦しいのでつい苦しそうな顔をしてしまいますが、クーラーがあれば無問題ですよ!絵描きにはクーラーは贅沢品。。。20代はずっとクーラーなしで暮らしていました。連日の暑さで毛皮を着込んでいるモモちゃんはさすがにバテ気味。見当たらないと思って探してみると、なぜが一番サウナのようになっている部屋で苦悶の表情ではぁはぁしながらぐったり寝ていたりするので、おもわず「・・・・・。」

ももたる〜.jpg

日蝕

今日は日蝕でしたね!テレビのチャンネルフリッパーな風鈴丸でした、こんにちは。(^▽^*)

あいにくの曇り空。。どうなるのかと思いましたが、日蝕グラスを用意していなかったので結局テレビで画像を楽しんでいました。日蝕や月蝕は、地球は宇宙なんだなぁと実感させてくれます。なにより美しい・・・!こうして日蝕を楽しんで見ることが出来る、そのことに感謝ですね。

神様の座る樹

毎年夏バテする暑さに弱い風鈴丸です、こんにちは。まめに水分補給しないと熱中症になりそうです。風鈴丸は目があまり強くないので、光のまぶしい夏は妙に衰弱いたします。。。
ずっと以前テレビを見ていたら、山でずっと木を伐って森を守って暮らしている方が森を案内しながらお話をしていました。森の手入れをするために樹を伐っていますが、太い幹から3本の枝が横に広がっている樹は絶対に伐らないのだそうです。なぜならそういう樹は山の神様が座ってお休みになる樹だから、なのだそうです。なるほど〜〜〜、そういえば山を歩くと時折そんな神様が休みそうな樹があります。そういう心で暮らすのをつい忘れがちですが、本当はそれは日常の心のあり方なんだなぁ、などと反省したりして。。浅間神社の山を歩くと途中にある樹ですが、3本の枝ではありませんがとてもきれいな樹ですよ。o(^-^)o
お浅間さんの樹.jpg

紙くずが燃える夢

紙くずのたくさん入った箱がある。ふと見ると小さな炎が3つ上がった。あ!あわてて近づいて炎を消そうかと思うが、水や消火器は無い。なにかで蓋をして酸素を無くそうと思うがそれもうまくいかない。でも火は特別大きくなるでもなく燃え続けている。このまま燃え続けても問題などないのかもしれない。

夕陽

プルプルした夕陽が海に沈んでゆくのを見て幸せな風鈴丸ですよ。なぜだろう、どうもありがとうという素直な気持ちになります。また明日ね、という気持ちにも。小学生の時も、高校生の時も、社会に出てからも、いつも変わらないでこういう気持ちになるのです。きっとおばあさんになっても変わらないんだろうなぁ~(^-^)

写真が撮れなかったのは残念 !

蛍の夢

小さな小川が流れているようだ。夜だがぼんやりと人の顔がわかるほどの青い明るさがある。田んぼのあぜ道に沿って浴衣を着た人が何人もいる。私もしゃがんで草の辺りを見ている。

あ。いくつもの光が一斉に明滅しはじめた。蛍だ。みんなこれを見に来たのだ。私は蛍を何匹も手にととり、そして家族に向かってほら、みて、と飛ばした。みんな笑っている。空を無数の蛍が飛び交う。なんて美しい夜だ。

 

今日は朝から外出だったのですが、電車に乗っているときに、昨日の蛍は綺麗だったなぁと普通に思い出していたのですが、あれ?私昨日蛍見にいってないよね?と急に思い当たり、昨日見た蛍が夢の中でのことだったことに気が付いたのでした。( ̄▽ ̄;) だめだな~、まだ時々区別が付かなくて。。でもとても綺麗な風景を見たときはそんな感覚になってしまうようです。

静岡にオーロラが出た夢

朝なのにまだ眠い。私は大きな規模のビルの上層階に住んでいるらしい。空を見ると明るい曇天で、ぼんやりとした太陽がみえる。だんだん天気は下り坂になりそうな気配。テレビの天気予報では午後から天気は荒れるといっている。あ~あ、いやだなぁ。学校に行くのに雨の中自転車だと走りづらいし、メガネが濡れて視界が悪くなるんだもん。うんざりした気持ちで公共のテラスに出て外をみる。少しはなれたところに母もいるようだ。外の風は気持ちがいい。湿気を含んでいて、天気予報がはずれないだろうと確信した。うんざりした気持ちで空を見上げる。そこにはちぎり絵のような太陽。すると太陽の中心からなにかがゆらゆらと揺らめき、みるみるうちに光り輝いて波打ちだした。オーロラだ!!なんで?!驚いて目を見張る。オーロラは黄緑やピンクや水色に光り輝き、太陽を中心に放射状にリズミカルに動いている。すごい‥‥!!誰かに知らせないと!と思うが周りには誰もいない。もどかしい気持ちだが、カメラで撮るよりなによりこの光景を目に焼き付けようと、ひとり空を見上げ続けた。
モモちゃんもカゴ大好き!これはもう条件反射のようなもの。段ボールでも洗濯カゴでも、空のお菓子箱でも、からだが入りそうなものはとりあえず入る!入る!入る!風鈴丸のハンドバッグにまで入ろうとするモモちゃん。手と頭しか入ってないよ。。。さすがにそれは無理でしょう〜〜\(^^:;) 
モモかご猫1.jpg

カレンダー

<   2009年7月   >
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

月別 アーカイブ