2009年11月アーカイブ

あやさんの爪を切る夢

ふっかふかの布団の上に陽が当たっている。あやさんが布団の上に悠々と気持ちよさそうに寝ている。体もとてもふっくらしていて毛並みもよく元気そうだ。とても幸せそうに見える。あやさんの頭をなでると気持ちよさそうに眼を細めている。足を見ると爪がとっても伸びているので(現実ではありえないほど長い)爪を切ってあげた。

富士市景観シンポジウム

12月7日に富士市ロゼシアターで「富士市景観シンポジウム」が開かれます。エッセイストで元国際ラリーストの山村レイコさんの講演があり、その後にパネルディスカッションが行われます。なんと!風鈴丸がパネリストの1人として参加させていただくことになりました。私でいいのかしらと思いつつ、富士山を見て育った私としましては参加させていただけることは本当に光栄です。観覧申し込みは電話、FAX、メールで受け付けていますので、興味のある方はぜひお出かけくださいね\^o^/  山村レイコさんのサイトをのぞいてみましたら、風鈴丸にリンクまではっていただいてしまって(:_;)ありがとうございます〜〜。お会いできるのがとっても楽しみです。

申込先:富士市役所都市整備部建築指導課  0545-55-2903  FAX 0545-53-2773
    Email  kentiku@div.city.fuji.shizuoka.jp
平成21年12月7日(月)13:15〜17:00 ロゼシアター小ホール 入場無料
富士市景観シンポDM.jpg


津波が来そうな夢

きれいな海岸沿いの通りを車で走っている。どこか南の島のようだ。津波が来そうな気配がする。大気が不穏な感じがする。友人を早くみつけて移動しなければと考えている。

そういえばこの夢は以前にも何回か見たような。。。場所も登場人物も同じですから、よくいく場所なんでしょう。ポエルポエル地図にそのうち登場したりして(^_^)

夕焼け雲

今日の雲はすごかったですね〜。空の上に蓋がしてあるような厚い雲で、しかも赤く黒く燃えていて怖い感じ。光っている所だけを見るときれいなんですが、こういう雲はなんだかドキドキするので長く見ていられません。夕方は本当にドラマチックで面白いですねo(^-^)o
それにしてもブログのまとめ書きってどーなの?これ( ̄ヘ ̄;)ウーンいけません。。
赤い雲.jpg

モモちゃんの定位置のひとつはもちろん風鈴丸の制作場所です。特に彫り台は大のお気に入り。少し斜めになっているし、彫り台のカーペット布地が爪研ぎには最高だし、外を見て鳥に威嚇できるし、冬はライトが暖かいし、なんといっても彫ったあとの木屑がモサモサしていておもしろい(らしい)。彫っているところを邪魔してみようと版木にのってみても風鈴丸はモモをよけて他の場所を彫るし、何度も邪魔してもかわいいかわいいと頭をなでてくれるし、この彫り台、大好きやねん!(モモ談)
削りかすが飛ぶのでももちゃんはいつも木屑のふりかけ状態です。毛が長いから一度つくとなかなか取れない(>_<) そういう風鈴丸も木屑だらけで、しかもモモ並みに気にしないで歩き回るので家中木屑だらけです。はっはっは。
ふりかけもも.jpg 

ふりかけもも2.jpg


祖母とお茶を飲む夢

見知らぬ家に住んでいる。大勢の人が集まって澄んでいるようだ。家に帰ると誰もいないようだ。階段に向かっていくと足が悪くてあまり自由に動けなかった祖母が階段下で座っている。「どうしたの?おばあちゃん、大丈夫??」私はあわてて駆け寄って肩に手を置いた。祖母は泣きそうになりながら「誰もいないから、さみしかったよう。上に行きたくても痛くて上がれないから。。」とすがりついてきた。「ごめんね~ひとりにさせちゃって。もう帰ってきたからだいじょうぶだよ。」と声をかけて祖母と抱き合って笑った。祖母はうれしそうに抱きついてくる。「おばあちゃん、お茶飲もうか。あったかいお茶飲もうよ。」そういって二人で台所のほうへ行き、お茶を飲んで笑いあった。そうするとただいまーただいまーと皆が帰ってきた。祖母はとてもうれしそうで、目を見合わせて笑った。

。。。いけない。今年は体調崩してばかりでお彼岸にお墓参りにいけなかったのです。祖母は緑茶が大好きでしたから、本当に飲みたいんじゃないかしら。ということで母とお茶とやはり好物だった甘栗供えました。

あやさんと13拍子の音楽の夢

見知らぬ家のダイニングにいる。こじんまりとしたマンション風だ。この家にお邪魔しているがよく知らない人の家だ。料理を作ってもてなしてくれるのでニコニコしながら話をしている。するとゆったりとした感じの三毛猫がやってきた。(あ、猫だ。)猫は棚の上にのろうとジャンプしたがのり損なって落ちてしまった。歳をとってるのかもしれない。その猫が決まり悪そうに、というかどうしよう、という感じでこちらを向いた。(!!あやさん?!)ふくふくと太ってとっても元気そうなあやさんだ!ここにいたの?久しぶりに会えたね、あやさん。するとその家の人が「あら、パルったら、そこにいたの?」と話しかけている。この家の猫なんだろうか。でもパルなんかじゃないよ、あやさんだもの。あやさんは私のほうに寄ってきて甘えてくる。私はあやさんを抱き上げて大事に大事に頬を寄せた。ああ、ほんとにあやさんだ。。あやさんの香りがする。ふわふわしてあたたかい、額を押し付けてじっとするのも、この眼の表情も、本当にあやさんだ。うれしくてうれしくて、ずっと抱きしめている。

なんて幸せな夢だったでしょう。。。幸せすぎて涙が出てしまう。実はあやさんを抱きしめている時にずっと音楽が聞こえていて、起きてからなんとかこれを記録できないかと四苦八苦してつたないメロディだけは保存することが出来ました。音楽はまったくわからないのですが、入れ終わったメロディを聞いているとどうしても拍子がおかしいのです。3拍子だと思っていたけれどなんだか違うし、4拍子でもないし、、、。ワンフレーズを数えたら13拍子ありました。13拍子なんてあるのかな?なんだろう、不思議です。でも幸せだったからいいのです~(^▽^)ノ

富士川第一中学校で講演

今日の富士山は本当にきれいでしたね!なんだかいつもよりもっと大きな山に見えました。天気がいいとそれだけでテンションアップの風鈴丸です、こんにちは。今日は富士川第一中学校で講演をさせていただきました。インフルエンザが猛威を振るっているため学級閉鎖が相次いでいますが、ちょうど今日は全校生徒の皆さんが出席することができました。よかったです~(^。^)人前で話すことなどは大変苦手なのですが、少しでも何かの役に立てたらいいなぁと普段思っていることなどをお話させていただきました。生徒のみなさんの顔は壇上からも表情までよく見えます。一生懸命聞いてくれた生徒さん、どうもありがとう~♪

満ちる月

今日は満月ですね~(^▽^)ノ 昇る月は何であんなに大きいのでしょうか。今夜の満月も雲が少しかかって龍の顔のようになっていましたよ。がんばって写真撮りましたが、相変わらず手ぶれのものしかとれませんでした。が。それはそれでまたいい感じです。澄んだ月夜は空を飛びたくなりますよね。

いつも 空ばかり見上げていた

月 昇り 月 欠け

泣きそになって君の手にぎり

それでも月は また満ちる

「楽園」の作品に添えた詩ですが、本当にいつも月を見ていたなぁ。作品ではカエルと手をつないでいますが、風鈴丸的現実ではあやさんといつも並んで頬杖ついて月を見ていましたよ。至福の時間でした。

古い神社の参道にいる。天気はよくて気持ちがいい。仲間たちは皆神社に集まって、ここ数日小さな社務所のようなところで寝起きしている。小さな子たちもいる。何かから身を守るために集まっているようだ。6歳くらいの女の子がお花の写真を撮ったといって見せてくれる。ピンク色の花がいくつも写っている写真だ。しばらく見ているとその花たちが急に色が濃くなり、内側からもう一つの花が開くかのようにきらきらと光りだした。それぞれの花の中央には妖精のような生き物が座っていた。私は驚いて「わぁ!すごいね、この写真!綺麗な写真が撮れたんだね、よかったね!!」といった。突然左の頬の辺りにバサバサと鳥が飛んできた。両手で捕まえると大きめのインコのような薄い緑色のとても綺麗な鳥だ。違和感を感じて右手を見るとべったりと血がついている。悲鳴を上げたところで夢が終わった。

カレンダー

<   2009年11月   >
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

月別 アーカイブ