富士景観シンポジウムでした

どうなることかと心配でしたが、無事パネルディスカッションを終えることができました。立派な方の中でかなり浮いているため、案内を見た方から「どう見てもひとり浮いてるように見えますが、大丈夫ですか?」と聞かれる始末(ノω・、) ・・・私が一番そう思ってるんですよ~~。けれど、先日個展に来てくださった山村レイコさんはじめ杉山先生、天野先生、伊藤先生みなさま大変おやさしく、気軽に話しかけてくださり、楽しく過ごすことができました。(^▽^*) 本当にありがとうございました。あとでシンポジウムの評判もとてもよかったと伺い、本当にほっといたしました。

富士山は存在そのものが別格なのです。大事にしたりきれいにしたりするのは当たり前のことなんです。我が愛する祖国、という感覚は今の日本人にはあまり無いとは思いますが、遠くはなれて日本を想った時、そこには必ず富士山の姿があるのだと思います。

カレンダー

<   2009年12月   >
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のブログ記事

静岡新聞に記事が(´▽`)
今日の静岡新聞朝刊に、ふじのく…
今日から作品展開催です♪
今日からふじのくに地球環境史ミ…
ふじのくに地球環境史ミュージアムで風鈴丸の作品展開催です♪
みなさまこんにちは〜(*・∀・…

過去のブログ記事一覧はこちら

月別 アーカイブ