2011年3月アーカイブ

瓦礫と蛇の夢

学校の周りは瓦礫の山だ。人もいるけれどみんな無口だ。家の中にいるが、だれかが蛇がいるという。みてみると大きな、本当に大きな白い蛇がいる!(体の直径が30センチくらい)色は白いけれどところどころ黄色っぽくてキラキラしている。でもやっぱり怖い。他にも蛇がいる。こちらは青大将くらいの大きさだが、体の頭のほうが白、尻尾のほうが黒のパンダカラーだ。凶暴そう・・。そのパンダ蛇のほうが逃げ出したので、みんなで探している夢。

自分で生爪はがしてしまった

今日は久しぶりにきれいな星空です。山にかかるオリオン座がいつもより小さく見えるのはなぜでしょう。さて、ようやく体調が戻ってきたので、先日久しぶりに健康空手の練習に行ってまいりました。後半脳貧血っぽくなってきてふらふらしていたのですが、何とかがんばって型を練習していたところ、バグッという音とともに右足に激しい違和感が!!!なんと、またもや自分で自分の足を蹴ってしまい、親指の爪が剥がれて流血してしまいました。すぐにテーピングしていただいたので、意外と平気な感じで練習も終え家に帰ったのですが、夕方近くになってやけに痛くなってきた・・・。これはちょっとまずい感じ。あわてて病院にいったら「ああ、爪が一回剥がれてまたのってる感じですね。雑菌はいらないようにテープでちゃんと保護してください。」とのこと。一回剥がれてまたのってる???怖すぎる・・・!!その後は激しく痛み、悶絶という言葉を身体で理解したのでした。はぁはぁしたりぐぅ~とうなったり、通常では出ない音が口から出るのですよ。耐えかねて涙が出てくるけど、なぜか思わず笑ってしまう風鈴丸。まさに泣き笑いです。寝ようと思っても布団が当たる度に痛くて起きてしまいました。ぐったり・・。

でももうそんなに痛くないので、身体ってもろくて丈夫なんだなぁと思いました。靴履くのはまだちょっと大変ですが、全部が剥がれたわけではなく3分の1くらいだったので、そのうちに治るでしょう。巻き爪対策に少し長めにしてあったのがいけなかったみたい。また今までどおり短く切ることをお星様に誓う風鈴丸なのでした。

賞味期限切れの非常食と、貯めこんでいたチョコレートを連日消化していたら「なにこれ?!イボ?!」というくらい大きな吹き出物が額にできてしまって凹んでいる風鈴丸ですよ、こんばんは。毎日見ているテレビ映像からは悲しいもの、怒れるもの、感嘆するもの、いろいろなシーンが映し出されます。命の危険のなか原発の冷却作業をしてくれたハイパーレスキュー隊員の方たちを見ると、もう涙が出てきてしまいます。自衛隊の方も、消防の方も、(もちろん医師や一般のかたや子供たちもみんなですが)、人を助けるために危険な場所へ行って困難のなか任務を遂行してくれて、多くを語らず胸に秘めて、、、本当に感謝します。自ら人を助けに行く人を、心から尊敬します。なにか絶体絶命のことが起こったときには、私たちみんなの幸運を全部送ってあげたい!とそう思います。

避難所で子供たちが「肩もみ隊」を作ってお年寄りの肩や腕をもんでまわっているニュースがありましたが、そんな子供を見るだけでまた泣けてしまいます(;。;)みんな、いいこだ。本当にがんばってる。みんなが誇らしいよ。と、ひとりひとりの頭をなでてあげたいです。それにしても子供たちの手つきのすばらしさといったら・・!慣れてるし上手です。いつもやってたんだなぁ。おじいちゃんおばあちゃんと暮らしている子にやさしい子が多いのは、お年寄りを尊敬して大事にする気持ちが、教えられるのではなく自然に芽生えるからかもしれませんね。私も両親の肩でももんであげないと。。。ものすごく反省させられたりして><

怖い夢

今日は久しぶりに(10日ぶり?)怖い夢をみました。でも今までとはちょっと種類が違うかな。

大きな満月

日に日に災害の質や大きさも変わってきています。なんとかしたいとおもいつつ何もできない自分が歯がゆいですが、それでもできることをやろうと思って過ごしています。昨日は朝から変な雲ばかりでて、太陽に日暈、月にも月暈がでていました。今日は夕方から雨、東京で帰宅困難者となって苦労した友人たちとお互いの報告をかねて会いましたが、やはり地震の話で終始しました。友人の一人は心を痛めていたのでみるみるやせてしまったそう(>_<)、顔色も悪くて心配です。映像を見続けすぎるだけでPTSDになることもあるそうですから気をつけなくては!まわりでも体調を崩している人が多いです。みんなやさしいのよね。風鈴丸の胃痛はようやく治りました。ご心配おかけいたしました(^_^;)。迷惑かけないように元気で明るく過ごさないとねo(^-^)o 今日は満月なのに雨だなぁと思っていたら、だんだん雲が晴れてまぶしいほどの満月が見えました。それにしても雲の流れるのが速い!!今日の満月は数十年ぶりに月が地球に大接近するため、大きさも大きく見える特別な満月です。それだけに大潮などの影響も大きいようですが、月ってこんなに明るかった?と思えるほどのまぶしさでした。すぐにまた雲が空を覆ってしまいましたが、特別な光だったように感じました。
3.20満月.jpg

3.20満月2.jpg

歯を磨いている夢

元旦から毎日見続けていた地震やなだれや溶岩の夢がここ数日見なくなりました。そしてただ歯をみんなで磨いている夢を見ました。

静岡でも大きな地震

昨夜、静岡でも大きな地震がありました。先日の車酔いしそうなゆっくりした横揺れとは違い、グラッ、グラグラッというような揺れでした。家具も窓もガタガタなりますし、物が倒れる音でびっくり。机の下に隠れましたが、ちょうど入浴中だった風鈴ママは(動いていないのになんでお風呂の水がバシャバシャするのかしら??)とおもったら地震だったので相当怖かったようです。昨夜の地震は富士市の被害が大きかったようですが、アトリエのある裾野市須山の被害もまた大きかった。>< 周辺では道路で水道管が破裂したりしているようです。

それにしてもマグニチュード6.4の大地震なのに、地震の規模に比べての被害の少なさは尋常ではない@@ 数十年にわたる地震対策の賜物だと思いたい!それでも重傷者数名に軽症者は数十名と、もちろん建物が破損したり被害は大きいですが、夜の地震だったため施設に人がいなくて怪我人が少なかったのは不幸中の幸いでした。よかった~(^。^) 花粉症と風邪のためか胃が痛いのがなかなか治らない風鈴丸。耳までひどく痛むので疲れやすくて困ります。こんな時に治療の必要な人を増やして迷惑をかけたくないので、とにかく早く体調戻さなくては...。

青山学院の男気

大震災発生のその日、多くの人が帰宅困難者となり情報も得られない中、大変な苦労をされました。たまたま仕事でビッグサイトに行っていた友人もその混乱に巻き込まれ、かなり行動力のある彼女でさえ大変な苦労して翌日夕方にようやく静岡に帰宅できたのでした。(その様子のブログ) 施設側の対応&危機管理の不十分さにどれだけ不安だったかわかりませんが、そんな中多くの施設が帰宅困難者を受け入れ救済したのも事実でした。

多くの学校も受け入れをしましたが、青山学院は渋谷から流れてくる帰宅困難者をどんどん受け入れ、毛布や水や食料を配布し、具合の悪くなった方には看護士をボランティアで集めて介護し、理事さん自ら徹夜で陣頭指揮に当たり、8000人の方を帰路につけるまで保護したのだそうです。本当にすばらしい。それにしてもよく急なことに8000人分の食料や毛布などが準備できたものだと不思議でしたが、青山学院は5万人分の食料などを常に地下に備蓄して準備しているのだそうです。5万人・・・?!すごい。。

もちろんそのような準備をすることに反対もあったのだそうですが、危機管理委員長でもある理事さんが「必ずこれが人の助けになることがある!そのために我々が準備しておくのは必要なことなんだ!」と信念を通してずっと実現させていたのだそうです。これがリーダーシップというものなのですね。やはり前もっての信念をともなった準備が必要で、そういうものが人を助けることができるのだなぁと思いました。静岡もそのような準備ができているのだろうか。今回の地震でいろいろな問題点が具体的にわかってきています。とくに電気も電波もない中での情報の共有方法の確立は、一番必要ですね。いい方法ないかな。。。

災害時の安否確認

一晩明けて明るくなってからの被災状況を見ていると、あまりの被害の大きさに呆然としてしまいます。落ち着いて迅速に、みんなで力をあわせて乗り切らなくてはなりません。友人知人の無事も確認できてほっとしています。が、電話がつながらないのはわかるとしても、ソフトバンクのメールの遅延はひどい。昨夜6時ころに飛び交っていた友人たちとのメールが深夜から明け方にかけてようやくまとめて届いている状態。我が家は家族が離れて暮らしていますし、非常時の安否確認が困難なことを実感です。これは、、なんとかしないと、、。実際命にかかわる状況にいる人たちに必要な情報が届かないというのは本当に歯がゆく、大きな問題です。「有効だったのはやはりツイッターとメールでの情報だった、スマートフォンで本当によかった」と、地震難民になり現在も家に戻るために苦しい思いをしている友人がいっていました。どうか救助を待つ方たちが家族の元へ無事帰ることができますように、祈ります。

巨大地震

なんてひどい地震が起こってしまったんでしょう。本当に怖かった。。みなさま、ご無事でいらっしゃいますでしょうか。外出中でしたが机の下に隠れたりして様子を見ていました。時間が長かったし、ゆっくりとした長周波振動でものすごく気持ち悪かった><。酔いそうな感じ。すぐに家に戻り被害の状況確認しましたが、積んであるものがずれたりはしていたものの被害は何もなく、おびえて隠れていたモモを見つけてほっとしました。家族がばらばらになっているので連絡を取りたくても電話はつながりませんし、しかたなくメールを送りましたがどうも届いていないよう。。テレビを見てみたら津波の中継をやっていて、本当におそろしい映像に涙が止まりませんでした。被害の状況は明日にならないとわからないとは思いますが、どうか少しでも被害が少なくなって欲しいと祈るばかりです。

結局家族はみんな無事が確認できましたが、友人が一人連絡がつかなくて心配です。東京出張中に災害に遭遇した友人も混乱の中で大変な思いをしているようです。どうかみんな無事で帰ってきてください。

カレンダー

<   2011年3月   >
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

月別 アーカイブ