猫とピアスの夢

明るいところにいる。体育座り(もしかして死語?!)をしているが、腿に以前両親が飼っていた猫をのせている。ふくふく太っていて元気なときのままだ。目が真ん丸くて大きいなぁ。子供のような顔をして私を見ている。この子の夢を見たのは何年ぶりだろう。久しぶりに会えて本当にうれしい。

場面変わり、やはり明るい部屋で鏡を見ている。青や透明な水晶かガラス細工の石が、アンティーク風に連なっているピアスをつけようとしている。耳に通そうとするが、よくある金具ではなく石の本体そのものを通している。よく見るとピアスの穴は4センチほどあるくらいに大きかった。どこかの部族のようだと思った。

カレンダー

<   2011年5月   >
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のブログ記事

虎の夢
今日は虎の夢を見ました。頭がと…
津波?とおにぎりと紙幣と歌の夢
海のきわにある売店にいる。だん…
少し秋の気配
少しずつ秋の風になってまいりま…

過去のブログ記事一覧はこちら

月別 アーカイブ