2011年6月アーカイブ

先日、実年齢よりも10歳くらい若く見られてご機嫌な風鈴丸ですよ、こんばんは(^▽^)照明が暗かったからとか、、そうかもしれない、、いやちがう、、、。

さて昨日、急に思い立って家族でお食事に出かけました。家庭料理でない食事がしたいとの風鈴パパの希望で、伊勢丹のなかにあるシェ・コーベさんへ。ちょうどフロアでいつもお世話になっているYさんとお会いでき、お話しすることが出来てうれしかったです。食事をおいしくいただいて、最後にデザートが出てきたら、!!びっくり!チョコレートで名前を書いてくださってありました。

11シェ・コーベ.jpg

                    ↑ これこれ

ハートよ、ハート!うれしかったです~!(*´▽`*)  Yさんの優しい心遣いに感激してしまいました。どうもありがとうございました。お誕生日などでも特別なケーキなどをサプライズで用意してくださるそうですので、ご家族や恋人を喜ばせてあげたいときには素敵なプレゼントになりますね。

ブロッコリンと2度出会う

扇風機をかけたまま寝てお腹が痛い風鈴丸ですよ、今晩は~。お腹冷やすなんて小学生か!との突っ込みはスルーですよ、ええ。さて先日、駅からバスに乗って家に帰る途中、お堀の近くでな、な、な、なんと!念願のブロッコリンバスを目撃しました!うれし~^^かわい~^^。9ヵ月越しの巡りあいでした。それが、な、なんと!またもや別の道でブロッコリンバスに遭遇しました。風鈴ママもいっしょでしたが、初めてみることが出来てとてもうれしかったようです。二人で喜んではしゃいでしまいました。(^▽^) 駅周辺が目撃確率高そうですね~!
東日本大震災復興支援チャリーティー展、牧野宗則木版画展を開催いたします。世の中が不安に包まれているときこそ、美しい光、生み出していく力に触れることが大切なように思います。ぜひお出かけくださいね!

2011年6月25日(土)〜7月10日(日) 会期中無休 駐車場104台
清水町地域交流センター 展示ホール
〒411-0903 静岡県駿東郡清水町堂庭6-1  055-972-6678
開館時間:午前9時〜午後9時30分

●ギャラリートーク 7月3日(日)午後2時〜2時30分

11宗則清水町DM.jpg       

11宗則清水町DM裏.jpg

あたたかいものを背負う夢

何かの生き物を背負ってゆっくり歩いている。なんだろう、猫かな?すごく大きなぬいぐるみのような感じ。人間だろうか、よくわからない。でもおぶった背中が本当にあたたかくって、ああ、しあわせだなぁとうれしくて、にこにこ笑いながら歩き続けている夢。

何の生き物だろう、不思議なあたたかさだった。しあわせだなぁ~。あやさんが生きているころには肩にのせたりおんぶしたりしてよく散歩をしたものです。単なる記憶の再現かもしれませんが、幸せな時間をリアルな感覚で追体験できるのなら、何度でも見たい夢ですね(*^-^*)

夢の中でも眠い。どうしていつも眠いんだろう。。姪とコンビニのようなところで買い物をしている。とてもきれいな歌声が聞こえるのでみてみると、姪が歌を歌っている。買い物しながら、鼻歌よりもしっかり歌う感じで。とてもいい声だ、澄んでいてでも甘くて、ずっと聴いていたい歌声だ。思わず笑顔になる。

場面変わりどこかの宿泊施設にいる。布団が敷いてあるが、そこで猫2匹と寝ている。そろそろ起きて30分かかるところにある駅まで行かなくては。猫を起こすとじゃれて布団で遊んでいる。はしゃいで遊びながら、もう行かないと間に合わないよと支度をさせようとする。よくみると猫2匹は二人の牛乳太郎になっていた。

黒い岩のような雲の夢

ビルの中にあるネイルショップにいる。久しぶりにネイルでもと思ったが、やはり仕事しにくくなるのであきらめることにする。外が何か不穏な空気。飛び出してみると、真上の空に巨大な黒い岩の塊のようなものが浮いている!これ、、雲??どうみても岩のようだ。空は晴れているが、雲の下のこの街にはまったく日が射していない。何が起こるのか、ものすごく不安になる。

昨日も久しぶりにうなされちゃった(^-^)はっはっは。今日は朝からずっと右手がしびれていて夜になってもまだ治りません。なんだろう?別に体調が悪いわけではないので問題ありませんが。

折りバラ作りました

先日個展に来てくださった方から教えていただいた折りバラ、つくってみましたよ~(^▽^) サイトを見ながらなんとか出来上がりましたが、これが切ったり貼ったりすることなく1枚の折り紙から出来ているなんて驚きです!何度か作ってみて、だんだんと慣れてきました。でも工程が多いのでなかなか大変(><) 今は何も見ないで作れるようになりました。かわいいですよね~。(@^-^) 下の写真は、風鈴丸のどや顔を脳内再生しながらご覧ください。

2011折りバラ.jpg

お浅間さんと蛍

先日、静岡浅間神社の蛍を見に行ってまいりました。夜の神社に行くことは滅多にありませんが、暗闇のなか松明が燃えて、浮かび上がる境内や、石灯篭に灯りがともされているなかを歩くのは、幽玄の世界です。蛍は明滅しながら飛び交うのを見ていると、本当に不思議な気持ちになります。とても可愛いし綺麗だし、でも胸にじ~んと沁みて涙が出そうになります。私のことをとても可愛がってくれた祖母が亡くなった時、お葬式のあとに蛍を見に行きました。ですので、蛍を見ると今は逢うことの出来ない人たちのことを考えてしまいます。そのときだけはそばにいてくれるような気がしてしまいますね。自分は愛されていたんだなぁと、ありがたく、切なく感じます。

写真は先日行ってきた富士山本宮浅間大社のものです。なんていうか、、素敵です、、。

浅間大社1.jpg

 

浅間大社3.jpg

 

浅間大社2.jpg

 

そばにおばあさんがいる。知っている人かどうかもわからない。その人が一生懸命私に、(これを見なさい、これを読みなさい。)と伝えてくる。(何?何のこと?)と聞くと(〇〇〇〇だ、〇〇〇を見なさい!)という。肝心のところがよくわからない。すると白い文字が浮かんでくる。左から右に向かって読む文字のようだが見たことのない文字で読めない。(これを見なさい、〇〇〇だ、〇〇〇〇だ。)全然違うけどソクラテスとかヒポクラテスとかそんなような響きの言葉だ。哲学者の名前のようだと思ったけれど、実際のことばはよくわからなかった。場面変わり、役者の人の家にいる。この家を建て替えるのだそうだ。テラスの脇には竹がたくさん生えていてとても和風で気持ちがいい。道路の向こうの家では土地の測量を始めるようだ。だが土地の境界線などでなにか問題があるようだ。役所の人がいるが、自分が以前そのように計らってしまったので、このままでは首が飛ぶ、と困っている。

普段夢で出てきた知らない言葉や文字は、なんとなく意味がわかるものなのですが、今日の夢は本当にわからなかった。(><)私のあたまの左側に黒板にチョークで書いたような、それが水でにじんだような文字が浮かぶのですが、初めてみる形で記号のようで読めない!ああ、残念です。気になるなぁ~。

部屋で寝ている。ものすごく眠い。明け方かな?夜かな?時間がちょっとわからない。藍色の空を見るとまだ夜のようだ。そこを音もなく飛行機のようなものが飛んでいる。(なんだろ?あれ、形もちょっと変わっているし、雲のようなものでできている。。)その飛行機のようなものはあちこちの方向へ音もなく動き回る。そのうちに全体にたくさんの光の珠がひかりだして、蛍の集まりが飛行機の形をしているような感じになった。海ほたるみたい。きれいだ、だけど何か変だ。ベッドに座ったままの私にはずっと微振動が感じられる。地震か、、いやだなぁ。でも変な地震だ。ただずっと微振動が続いている。不安になってその飛行機のようなものを見続けている夢。

カレンダー

<   2011年6月   >
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

月別 アーカイブ