見知らぬ白い文字と竹の庭の夢

そばにおばあさんがいる。知っている人かどうかもわからない。その人が一生懸命私に、(これを見なさい、これを読みなさい。)と伝えてくる。(何?何のこと?)と聞くと(〇〇〇〇だ、〇〇〇を見なさい!)という。肝心のところがよくわからない。すると白い文字が浮かんでくる。左から右に向かって読む文字のようだが見たことのない文字で読めない。(これを見なさい、〇〇〇だ、〇〇〇〇だ。)全然違うけどソクラテスとかヒポクラテスとかそんなような響きの言葉だ。哲学者の名前のようだと思ったけれど、実際のことばはよくわからなかった。場面変わり、役者の人の家にいる。この家を建て替えるのだそうだ。テラスの脇には竹がたくさん生えていてとても和風で気持ちがいい。道路の向こうの家では土地の測量を始めるようだ。だが土地の境界線などでなにか問題があるようだ。役所の人がいるが、自分が以前そのように計らってしまったので、このままでは首が飛ぶ、と困っている。

普段夢で出てきた知らない言葉や文字は、なんとなく意味がわかるものなのですが、今日の夢は本当にわからなかった。(><)私のあたまの左側に黒板にチョークで書いたような、それが水でにじんだような文字が浮かぶのですが、初めてみる形で記号のようで読めない!ああ、残念です。気になるなぁ~。

カレンダー

<   2011年6月   >
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のブログ記事

ベルセーブさんで個展はじまりました
今日からベルセーブさんで個展が…
ベルセーブさんで個展です
皆様新年いかがおすごしでしょう…
期間限定クリスマスビール♪
みなさまこんにちは〜!クリスマ…

過去のブログ記事一覧はこちら

月別 アーカイブ