ヘリコプターと山の上の氷の樹の夢

どこか山あいの町にいる。小さな古い新聞社のビルの屋上にいて、いまから取材でヘリコプターに乗る。災害の取材のような感じ。でも切迫感はない。乗り込むと知り合いらしきカメラマンからカメラを持たされる。が、ヘリコプターには扉がないので落とさないか心配だ。左手にカメラ本体、右手にかなりの長さの望遠レンズを持っている。これを落としたら大変なことになる。。必死で取っ手に捕まっている。ヘリは上空に飛び、折り重なるようにしてある山々の頂上を見下ろしている。?なんだろう、あれは。山の頂上になにか白いものが大きく張り出している。近づいてみると、山の頂上に氷で出来た巨大な樹のような物があって、長細いさやえんどうのような形をした大きな氷で出来た葉っぱがたくさん折り重なってのっているようだ。これはなんなんだろう。。。よくみるといくつもの山の頂上に同じようなものがある。私は呆然とした表情でヘリに乗ってそれを見ている。

カレンダー

<   2011年7月   >
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のブログ記事

静岡新聞に記事が(´▽`)
今日の静岡新聞朝刊に、ふじのく…
今日から作品展開催です♪
今日からふじのくに地球環境史ミ…
ふじのくに地球環境史ミュージアムで風鈴丸の作品展開催です♪
みなさまこんにちは〜(*・∀・…

過去のブログ記事一覧はこちら

月別 アーカイブ