白い津波と祖母の夢

広い海岸線にいる。薄曇りだ。家族ときている見知らぬ土地だ。広い海岸をさらうように、白く泡立つような津波が押し寄せる。みんな必死で逃げる。私は背中にリュック、モモといるがカゴがないのでモモを胸にぎゅっと抱いて、波に足をとられながらひたすら走る。川があるので家族とは違う方向に走ることになってしまったが、今は走るしかない。大きな川の側溝でなんとか家族と合流できるが、お堀の石垣のようなところを登らないともう避難する所がない。。80歳くらいのおばあさんも石垣を登っている。大丈夫だろうか。。。母親が登れるか本当に心配だ。私もモモを抱えてどうやって石垣を登ろうか、必死に考えている。

場面変わり避難した先の建物の2階。同じように避難した人たちと話している。水など出ないのだが、顔を洗いに1階に降りた。すると奥の部屋から(もう亡くなった)祖母が出てきて「おなかがすいて眠れないよう。」と祖母独特のアクセントで話しかけてくる。大好きな祖母なので、私は会えてとてもうれしくて「おなかがすくと眠れなくなっちゃうよね~。」と話して二人で笑った。とても元気そうだ。よかった。

 

最近水害や津波の夢が多くなりました。季節が巡って記憶が刺激されているのでしょうか。泡立つ感じがとても怖いです。。夢で故人と会うのはとてもうれしいことです。なつかしい香りが起きたときも残っています。今回は祖母がおなかがすいて眠れないほどだというので、さっそく祖母の大好きな白いごはんとお味噌汁をたっぷりお供えしました。(^-^)おなかいっぱいになったかなぁ?

カレンダー

<   2012年1月   >
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のブログ記事

第一回ワークショップでした(^▽^)
今日はステンドグラス風・牛乳太…
ベルセーブさんで個展はじまりました
今日からベルセーブさんで個展が…
桜のお祭りの夢
長い長い夢をみた。桜のお祭りを…

過去のブログ記事一覧はこちら

月別 アーカイブ