2012年7月アーカイブ

瞳が青く染まった風鈴丸、九寨溝で唯一のレストランへ。自然保護のためにあらゆるゴミを持ち込まない、出さない、残さないようになっています。入場券を購入しての入場になりますが、そこでも入り口でパスポート提示や入場人数制限もあり、国策として保護されているのを実感します。それにしてもすごい人!!
2012九寨溝25.jpg
九寨溝を訪れたすべての観光客はここで食事です。なのでとても広い!屋台がたくさんあってイートインのようになっていますね。バイキングなどです。
2012九寨溝26.jpg
中にはたくさんのお店もあり大きなマーケットになっています。チベット族のパシュミナやストールや刺繍、アクセサリーなど所狭しと並んでいますね〜。どの国も市場はおもしろいです(^▽^)/ 
2012九寨溝24.jpg
犀牛海、老虎海、樹正瀑布、樹正群海と巡ってゆきます。広く透明な川の中をたくさんの木々がのびのびと葉を繁らせています。なぜ水に浸かっているのに元気でいられるんだろう??水に含まれる大量の石灰分が幹に付着し固めているから腐らないのだと聞いても、それでもこの不思議な美しさは神秘です。強く優しい神様がいそうな感じですね(*'-'*)
2012九寨溝27.jpg
川の流れでマニ車(マシモ車)が回るようになっています。一回まわすとお経を読んだことになるのです。聖なる川で静かにお経が回り続けています。
2012九寨溝28.jpg
このすばらしい滝。比べるものがないのでわかりにくいのですがかなりの大きさです。そしてやはり滝の中にも木が生えている・・!水量の豊富さはすばらしい。石灰を含む冷たい水は白く澄んでいるので、見た目と写真で撮った画像にあまり差がないようです。カナダの湖もソーダアイスのように美しかったですが、九寨溝の方が森も大気も深く強い感じがしますね!
2012九寨溝29.jpg
この水量!この音!美しい白い竜が山肌を走っているように見えますね。水しぶきの心地よさ。行く途中の道も、よくあんなところに?!というような急峻斜面も、塵一つないようにゴミを拾う方達がいらっしゃいます。顔の感じからチベット族のかたですね。九寨溝の中でも大勢働いていらっしゃいます。
2012九寨溝30.jpg
これ!どういうことなの?!水の中で生えているのはわかるとしても、滝のすぐそばのものすごい水流の中で、どうしてこんなに涼しげにのびのびとしていられるんだろう??CGで描いたように美しいけれど、きれいなだけじゃない強さとかしたたかさとか原始的なエネルギーみたいなものが感じられます。風鈴丸、また感激中。。。
2012九寨溝31.jpg
そして流れは広く穏やかに、森に眠る宝石のような湖へと変わります。山の上から見おろしているのに湖底の流木が見えるというこの透明度。本当にため息の出る美しさです。ここ、絶対何か住んでいますよね!
2012九寨溝32.jpg
前回も書きましたが、九寨溝とは九つの「寨(村)」があるという意味です。その中のいくつかの村は観光客にも開放しているのですが、ここは「九寨溝民族文化村」として多くの観光客が訪れる樹正寨という村です。(上の上の写真はこの村の入り口のある高台から撮った樹正群海の画像です)中は民家や土産物店が立ち並んでいますね〜。
2012九寨溝33.jpg
どの村でも翻っている五色旗。タルチョーと呼ばれるものだそうで、五色にはそれぞれ青(空)、赤(火)、緑(水)、白(雲)、黄(土)の意味があります。それにしてもたくさんの旗ですね!
2012九寨溝34.jpg
菩提塔の周りにぐるりとマシモ車が。マニ車と覚えていましたがこちらのチベット族の信仰のボン教ではマシモ車と呼ぶらしく、回すのも左回転です。ですから前を行く人にならってここから左手で回しながらまっすぐ進んで行きました。銅製の筒には教典が刻み込まれています。ひとまわりでかなりの数です( ̄o ̄;) 日本から遠く離れた土地でマシモ車を回して祈る自分が、なんだかとても不思議な気がしました。3つの角を曲がって最後まで回して行くと、そこには・・・・!
2012九寨溝35.jpg
お坊さんがお祈りにきた人達にピンクのお線香を手渡しています。私もいただき、カラの灯油缶の中に立てられたろうそくの火でお線香に火をつけお祈りしました。(お線香が湿っていてなかなか点かない!!これも精神鍛錬なのかも?!)ひたすらみんなで灯油缶を囲みお線香に火をつけ続けます。
2012九寨溝36.jpg
お線香もお香もとても好きなのでそれだけで心が落ち着きます。体調は崩してるけど、元気に旅ができているのは本当にありがたい。。いろいろな事柄に感謝しつつ手を合わせる風鈴丸なのでした。あ、わかっているとは思いますが、右側に映っている人は風鈴丸ではありませんよ、念のため!さあ、旅はまだまだ続きます(^▽^)/


いよいよ九寨溝へやってまいりました!1992年に世界遺産に登録されたため大勢の観光客がいます。ほとんどは中国の人ですが、日本人も多いですね。九寨溝そのものが発見されてまだ20年くらいだそうですから、地球にはまだ知られていない美しい聖地がたくさんあるのだろうなぁと思います。九寨溝とは9つの村があるという意味ですから、とっても広いのです。中ではバスのみの移動となり、環境が守られるようになっていますね。たくさんの湖や滝をゆっくり見て回りますよ〜(^▽^)/ それにしても海抜2200〜3100mの九寨溝、水のそばはかなり涼しいです。
2012九寨溝16.jpg
ここは諾日朗瀑布。滝の白が美しい〜。ものすごい水量で音もすごい。かなり離れているのにカメラはこまかな飛沫で濡れてしまいます。ここで海抜2365m。空港で3600でしたから、それに比べるととっても楽!無理はしない方がいいですが、酸素缶を吸入する必要もなく普通に歩けます(*'-'*)
2012九寨溝17.jpg
ここは鏡海です。風がなく凪いでいるときは湖が鏡のようになるのだそうです。この日は残念ながらさざ波が立っていましたが、新緑と湖のブルーグリーンが美しかったです。さざ波って、きれいな言葉ですね。ここは以前夢で見た湖と似ています。
2012九寨溝18.jpg
途中にはチベット族の村があります。建物はとてもしっかりとしていて新しいものが多かったです。建物の感じは沖縄とも似ていますね。
とにかく緑が美しい。。。風鈴丸は葉っぱが好きなので、新緑の季節は本当に好きです。以前山間の道を車で走っていたとき、「わっはっは、わっはっは」というようなたくさんの笑い声が山間に響いたのでびっくりしたことがありましたが、あれは山の木々が笑っていたのだと思います。本当に山は笑うんですよ!ええ、本当ですとも!長海なども訪れつつ、次に行ったところは、、
2012九寨溝20.jpg
!!!!
なにこれ!?この色なに!?あまりにも衝撃的な水の色!風鈴丸の瞳孔完全に開いてます!!
2012九寨溝21.jpg
きれ〜〜〜〜〜い!!ここは五彩池。海抜2995mのところにある、九寨溝の中では一番小さな湖です。が、この色の美しさといったら!。色は違いますが、思わず「ペシミストは夢をみる」の「なんて碧い空だろう 瞳染まるほど蒼い」をつぶやいてしまいます。光の具合によって色が変わりますし、上の写真のように風で水面が揺れると、細かく細かく水面が反射して、宝石を光に透かしてのぞいているような気持ちになってしまいます。
2012九寨溝22.jpg
なんでこんな色に・・・・!!見とれてしまって言葉も出ません。この色をずっと見ていたら、きっと本当に瞳が染まってしまう。。。(瞳が水色になった風鈴丸を脳内再生でご覧ください)染まらないとしたらコンタクトのせいね!
2012九寨溝23.jpg
風鈴丸がどんなに感激しているか、想像していただけますでしょうか(*´;ェ;`*) こんなきれいなものを見ることができて本当によかった!お腹痛くても、食事がちゃんととれなくても、気圧に弱くて頭が痛くても、心臓が痛くても、それでも来てよかった(>_<) なんだかわからないけどいろいろなものすべてに感謝したい気持ち!私、一生忘れませんよ〜。
さていよいよ九寨溝 へ移動です!成都から飛行機で約1時間の移動となりますが、この九寨溝空港、なんと標高3500mの所にあるのです。平地からいきなり3500m、、、?富士山の頂上にいきなり降り立つようなものじゃないですか!Σ( ̄□ ̄lll) だ、大丈夫だろうか、、。以前ハワイのマウナケアで4000mのところに行きましたが、2000mのところでしばらく体を慣らしてから行きましたし、心臓が変に動くし、ちょっと怖かったとです。でもゆっくり歩けば大丈夫なはず!と降り立ちました。空港の天井からはたくさんのぼんぼりがさがっています。中国だなぁ〜。そして防寒着など登山用ウェアを売っていましたよ。しばらくしたら明らかに心臓ばくばくしているので、暗闇を歩くようにそ〜ろそ〜ろと歩く風鈴丸。。。
2012九寨溝7.jpg

ここからはバスで移動。命綱の酸素缶で酸素補給して高山病を予防します。実際酸素缶を吸うと頭の重いのが軽くなるような気が。。?!糖分と水分と酸素をこまめにとるように気をつけて行きます。
 このあたりは少数民族の住む地域になります。チベット族(蔵族)やチャン族、回族などが暮らしていますが、チベット族が一番多いようです。バスの車窓からは美しい新緑の山々と、その中に点在する少数民族の村が見えますが、チベット族特有の五色旗が色鮮やかにはためいているのがきれいです。(^▽^)/
2012九寨溝8.jpg

昼食をとったお店の前で果物やドライフルーツを売っている女性がいました。クルミとか栗とか、日本人にもなじみの深いものが多いですね(*'ー'*) 風鈴丸はお腹痛くて食事はあまりとれなくなっていましたから、見るだけです、残念(>_<)。
2012九寨溝9.jpg

古い歴史のある松藩ではたくさんのチベット族のお店が並んでいます。顔つきは明らかに漢民族とは違いますね。日本人と近いような感じ。。民族衣装で日常を暮らすって、日本ではなかなかできなくなってしまいましたが、やはりうらやましく感じてしまいます。着物の元はチベットのチュバだといいますから、余計に懐かしく感じるのかも?!以前浴衣を着て木版画つくってみようとやってみたら、いきなり絵の具がたくさん飛んで浴衣も帯もだめにして断念したのは今ではいい思い出。。( ;∀;)るー
2012九寨溝10.jpg

ヤクの干し肉。ヤクはあちことでみることができました。しっぽがふさふさしていて可愛いんですよヾ(^∇^) ヤギもいっぱいいましたが、子やぎが道路で熟睡しているのを、車も大型バスもみんなでよけて走っていました。。。冬虫夏草のお店もとっても多かったですよ。
2012九寨溝11.jpg

美しい風景です。たなびく五色旗に畑仕事をする少数民族の村の人々。初夏の黄色の花が満開で、なんだかこの世の風景ではないみたい。こういう光景を見ると、人が人間らしく生きるって、こういうことなんだなぁと感じます。なぜか泣きたくなるような感じ。たくましく生きる人がとても好きです。自分もそうありたいなぁ。
2012九寨溝12.jpg
2012九寨溝14.jpg

たくさんの旗と色とりどりの紙が大量におかれているこの場所、聖なる泉のあるところなのだそうです。その場を清めたりお祈りしたりするときに、たくさんの紙を撒く習わしなのだそうですよ。
2012九寨溝13.jpg

この日の夕食。成都の四川料理と違って九寨溝の方が味付けなども素朴な感じです。しかーし!見た目でさっぱりしてそうだと思ってスープをいただくと風鈴丸の目が3倍くらいになるほど辛かったりします。蒸しパンのようなものはおいしいので、食べられる料理を少しだけいただきました。唐辛子がちょっと体質に合わないのかなぁ。硬水かなぁ。油かなぁ。旅先で食事がちゃんととれないのは本当に残念です。昔マレーシアで大きな唐辛子を丸呑みしてしまい脳貧血起こして倒れたことがあるけど、あれがいけなかったのかも!!神様、もう丸呑みはいたしません。よく使われている食材は、セロリ、冬瓜、キノコ類、ナッツ類などです。魚も肉もありますよ(^▽^)/
2012九寨溝15.jpg
先日お知らせしましたように、風鈴丸、中国へ行ってまいりました\(^▽^)/ 初中国!どうしても見てみたい湖があったので、スケジュールを無理矢理つめて行ってまいりましたよー。四川省は成都へ訪れてから、チベット族の住む高地まで出かけていく予定です。中国、いろんな意味で大丈夫かなぁと不安になりつつも出発。上海経由で成都へ到着。かなり厳しい審査を実感です。デモやテロなど政情不安だから仕方ないですね。安全第一です。r( ̄_ ̄;)
2012九寨溝1.jpg
楽山のお寺でお参りです。こういう光景は台湾を思い出すなぁ。さらさら雨の中立ちこめるお線香の煙で、ゆるやかな時の流れを感じます。子供の時からお寺や神社やお線香が好きな風鈴丸。旅の安全と中国までこられたお礼を心の中でつぶやきました。心を込めて拝拝!(*'-'*)
2012九寨溝2.jpg
石廟のようなところ。ほかにも不思議な陰陽や卦、星の配置などの石碑があり、さすが本場と写真をパチパチ。お寺でテンションがあがる風鈴丸。
2012九寨溝3.jpg
あらゆるところでよく竹を目にします。成都だからなのか、とにかく緑が多いです。竹が伸び伸びしていて気持ちがいいですね!それに広い〜。人も多い〜〜!あちこちでよく車の接触事故があって運転手同士が怒鳴ってるし〜(;へ:)普通に話しているようなのですがみんな声が大きくて怒鳴っているので、おこられたのかと思ってびくびくしてしまいますね。そのうち慣れるでしょう。。。
2012九寨溝4.jpg
渓古鎮という蜀の時代の古い町並みの場所です。観光客も少なくて(雨のせいかな)ゆったり見ることができました。とてもきれいですよ。
2012九寨溝5.jpg
それにしても四川料理の四川!!辛いのが苦手な風鈴丸が四川で食事ができるのか、とっても心配だったのですが、フフフ、、予想通りの展開となりましたよ。(;▽;) もちろんおいしいのです、辛くない食事もありますしね!でも風鈴丸の読みは甘く、(これならいけるかも?!)と淡い期待を抱いて普通に食事していたしあわせな最初の二日間なのでした。
2012九寨溝6.jpg
成都の街中です。奥の方のお店で夕食でしたが、ここはとても食べやすくておいしかったですヾ(^∇^) それにしても中国の人は道でもお店の中でもよくしゃべるなあ。韓国に行った時もそう思いましたが、大陸の人は声が大きいのかな。次は本命九寨溝です。(^▽^)/ 


生きてます、元気ですー

皆様こんばんは~、(^▽^)風鈴丸です。・・・気が付いたら1か月もブログ更新してないじゃないですか!!(; ̄Д ̄)病気でもしてるのではと心配いただいたりして申し訳ございません~。元気です、ものすごく。とっても忙しかったのに、無理やり時間を割いて中国へ行ってまいりましたので、ブログもツイッターも止まっていました。先日帰国したのですが、繊細な(?)風鈴丸には過酷な自然環境の中で、ない体力を振り絞ってまいりましたのでちょっと風邪気味。。。明日には治す予定です、ええ治しますとも!でも無理して行った甲斐がありとても素晴らしい風景を見ることができました。少しずつアップしてまいりますのでお楽しみに~!(^▽^)

カレンダー

<   2012年7月   >
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

月別 アーカイブ