風鈴丸、中国へ行く! 其の参

いよいよ九寨溝へやってまいりました!1992年に世界遺産に登録されたため大勢の観光客がいます。ほとんどは中国の人ですが、日本人も多いですね。九寨溝そのものが発見されてまだ20年くらいだそうですから、地球にはまだ知られていない美しい聖地がたくさんあるのだろうなぁと思います。九寨溝とは9つの村があるという意味ですから、とっても広いのです。中ではバスのみの移動となり、環境が守られるようになっていますね。たくさんの湖や滝をゆっくり見て回りますよ〜(^▽^)/ それにしても海抜2200〜3100mの九寨溝、水のそばはかなり涼しいです。
2012九寨溝16.jpg
ここは諾日朗瀑布。滝の白が美しい〜。ものすごい水量で音もすごい。かなり離れているのにカメラはこまかな飛沫で濡れてしまいます。ここで海抜2365m。空港で3600でしたから、それに比べるととっても楽!無理はしない方がいいですが、酸素缶を吸入する必要もなく普通に歩けます(*'-'*)
2012九寨溝17.jpg
ここは鏡海です。風がなく凪いでいるときは湖が鏡のようになるのだそうです。この日は残念ながらさざ波が立っていましたが、新緑と湖のブルーグリーンが美しかったです。さざ波って、きれいな言葉ですね。ここは以前夢で見た湖と似ています。
2012九寨溝18.jpg
途中にはチベット族の村があります。建物はとてもしっかりとしていて新しいものが多かったです。建物の感じは沖縄とも似ていますね。
とにかく緑が美しい。。。風鈴丸は葉っぱが好きなので、新緑の季節は本当に好きです。以前山間の道を車で走っていたとき、「わっはっは、わっはっは」というようなたくさんの笑い声が山間に響いたのでびっくりしたことがありましたが、あれは山の木々が笑っていたのだと思います。本当に山は笑うんですよ!ええ、本当ですとも!長海なども訪れつつ、次に行ったところは、、
2012九寨溝20.jpg
!!!!
なにこれ!?この色なに!?あまりにも衝撃的な水の色!風鈴丸の瞳孔完全に開いてます!!
2012九寨溝21.jpg
きれ〜〜〜〜〜い!!ここは五彩池。海抜2995mのところにある、九寨溝の中では一番小さな湖です。が、この色の美しさといったら!。色は違いますが、思わず「ペシミストは夢をみる」の「なんて碧い空だろう 瞳染まるほど蒼い」をつぶやいてしまいます。光の具合によって色が変わりますし、上の写真のように風で水面が揺れると、細かく細かく水面が反射して、宝石を光に透かしてのぞいているような気持ちになってしまいます。
2012九寨溝22.jpg
なんでこんな色に・・・・!!見とれてしまって言葉も出ません。この色をずっと見ていたら、きっと本当に瞳が染まってしまう。。。(瞳が水色になった風鈴丸を脳内再生でご覧ください)染まらないとしたらコンタクトのせいね!
2012九寨溝23.jpg
風鈴丸がどんなに感激しているか、想像していただけますでしょうか(*´;ェ;`*) こんなきれいなものを見ることができて本当によかった!お腹痛くても、食事がちゃんととれなくても、気圧に弱くて頭が痛くても、心臓が痛くても、それでも来てよかった(>_<) なんだかわからないけどいろいろなものすべてに感謝したい気持ち!私、一生忘れませんよ〜。

カレンダー

<   2012年7月   >
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のブログ記事

静岡新聞に記事が(´▽`)
今日の静岡新聞朝刊に、ふじのく…
今日から作品展開催です♪
今日からふじのくに地球環境史ミ…
ふじのくに地球環境史ミュージアムで風鈴丸の作品展開催です♪
みなさまこんにちは〜(*・∀・…

過去のブログ記事一覧はこちら

月別 アーカイブ