風鈴丸、中国へ行く! 其の弐

さていよいよ九寨溝 へ移動です!成都から飛行機で約1時間の移動となりますが、この九寨溝空港、なんと標高3500mの所にあるのです。平地からいきなり3500m、、、?富士山の頂上にいきなり降り立つようなものじゃないですか!Σ( ̄□ ̄lll) だ、大丈夫だろうか、、。以前ハワイのマウナケアで4000mのところに行きましたが、2000mのところでしばらく体を慣らしてから行きましたし、心臓が変に動くし、ちょっと怖かったとです。でもゆっくり歩けば大丈夫なはず!と降り立ちました。空港の天井からはたくさんのぼんぼりがさがっています。中国だなぁ〜。そして防寒着など登山用ウェアを売っていましたよ。しばらくしたら明らかに心臓ばくばくしているので、暗闇を歩くようにそ〜ろそ〜ろと歩く風鈴丸。。。
2012九寨溝7.jpg

ここからはバスで移動。命綱の酸素缶で酸素補給して高山病を予防します。実際酸素缶を吸うと頭の重いのが軽くなるような気が。。?!糖分と水分と酸素をこまめにとるように気をつけて行きます。
 このあたりは少数民族の住む地域になります。チベット族(蔵族)やチャン族、回族などが暮らしていますが、チベット族が一番多いようです。バスの車窓からは美しい新緑の山々と、その中に点在する少数民族の村が見えますが、チベット族特有の五色旗が色鮮やかにはためいているのがきれいです。(^▽^)/
2012九寨溝8.jpg

昼食をとったお店の前で果物やドライフルーツを売っている女性がいました。クルミとか栗とか、日本人にもなじみの深いものが多いですね(*'ー'*) 風鈴丸はお腹痛くて食事はあまりとれなくなっていましたから、見るだけです、残念(>_<)。
2012九寨溝9.jpg

古い歴史のある松藩ではたくさんのチベット族のお店が並んでいます。顔つきは明らかに漢民族とは違いますね。日本人と近いような感じ。。民族衣装で日常を暮らすって、日本ではなかなかできなくなってしまいましたが、やはりうらやましく感じてしまいます。着物の元はチベットのチュバだといいますから、余計に懐かしく感じるのかも?!以前浴衣を着て木版画つくってみようとやってみたら、いきなり絵の具がたくさん飛んで浴衣も帯もだめにして断念したのは今ではいい思い出。。( ;∀;)るー
2012九寨溝10.jpg

ヤクの干し肉。ヤクはあちことでみることができました。しっぽがふさふさしていて可愛いんですよヾ(^∇^) ヤギもいっぱいいましたが、子やぎが道路で熟睡しているのを、車も大型バスもみんなでよけて走っていました。。。冬虫夏草のお店もとっても多かったですよ。
2012九寨溝11.jpg

美しい風景です。たなびく五色旗に畑仕事をする少数民族の村の人々。初夏の黄色の花が満開で、なんだかこの世の風景ではないみたい。こういう光景を見ると、人が人間らしく生きるって、こういうことなんだなぁと感じます。なぜか泣きたくなるような感じ。たくましく生きる人がとても好きです。自分もそうありたいなぁ。
2012九寨溝12.jpg
2012九寨溝14.jpg

たくさんの旗と色とりどりの紙が大量におかれているこの場所、聖なる泉のあるところなのだそうです。その場を清めたりお祈りしたりするときに、たくさんの紙を撒く習わしなのだそうですよ。
2012九寨溝13.jpg

この日の夕食。成都の四川料理と違って九寨溝の方が味付けなども素朴な感じです。しかーし!見た目でさっぱりしてそうだと思ってスープをいただくと風鈴丸の目が3倍くらいになるほど辛かったりします。蒸しパンのようなものはおいしいので、食べられる料理を少しだけいただきました。唐辛子がちょっと体質に合わないのかなぁ。硬水かなぁ。油かなぁ。旅先で食事がちゃんととれないのは本当に残念です。昔マレーシアで大きな唐辛子を丸呑みしてしまい脳貧血起こして倒れたことがあるけど、あれがいけなかったのかも!!神様、もう丸呑みはいたしません。よく使われている食材は、セロリ、冬瓜、キノコ類、ナッツ類などです。魚も肉もありますよ(^▽^)/
2012九寨溝15.jpg

カレンダー

<   2012年7月   >
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のブログ記事

静岡新聞に記事が(´▽`)
今日の静岡新聞朝刊に、ふじのく…
今日から作品展開催です♪
今日からふじのくに地球環境史ミ…
ふじのくに地球環境史ミュージアムで風鈴丸の作品展開催です♪
みなさまこんにちは〜(*・∀・…

過去のブログ記事一覧はこちら

月別 アーカイブ