2013年1月アーカイブ

雨と薔薇とRさんの夢

富士の裾野にいるようだ。人気はあまりないけれど小さな町がある。私は花屋の店先にいる。(もしかしたらここで働いているのかもしれない)雨がしとしと降っている。長袖を着ているけれど寒いわけでもない。たくさんの薔薇の花に顔を近づけて、きれい〜といって笑っている。赤と紫とピンクの薔薇の花たちだ。本当にきれいで、上品な甘い香りがする。雨にぬれた町もいいものだな。顔を上げるとそこにRさんがいて、私の方を見ている。笑っているけれど少し心配そうな、そんな笑顔だ。私が笑い返すとまた彼女も笑い返してくれた、そんな夢。
新しい年を皆様いかがお過ごしですか?
牧野宗則木版画展が現在千葉の山口画廊で開催中です!なんと、現在工事中でサイトがみられなくなってしまっているのだそうです。あのすばらしい画廊通信が読めない状態にあるなんて、なんという日本文化の損失でしょうか。。はやく戻ってくれるといいですね!
なので(というわけでもないのですが)お知らせが少し遅れてしまいました、すみません〜。
でもまだまだ始まったばかり!みなさまぜひお出かけくださいね(^▽^)/

牧野宗則木版画展 --天 海 光 響--
2013年1月5日(土)〜1月25日(金)

月下の海、
干潟に浮かぶ澪(みお)、
悠久のしじまを湛える水面に、いま天の光が降りる。
牧野木版を世に知らしめた有明の連作を始め、
前人未踏の版表現を展開した、
「海」と「水」のシリーズを一堂に。
牧野宗則だけが成し得た木版芸術の極致、
水と光が織り成す
神秘の響宴を。
                  (展覧会案内状より)

山口画廊 10:00~20:00 火曜定休
千葉市中央区春日2−6−7春日マンション102
043−248−1560


歌を歌っている夢

家にいる。とても楽しそうにしていて、何フレーズか大きな声で楽しげに歌を歌った。笑い合っている。ポットから蒸気が上がっていて笑い声がして、しあわせな家庭のひとときだ。

今日は長くゆっくりと夢をみました。きっとこれが本当の初夢だと思います。(^-^)

学生時代の友人が訪ねてきてくれてたくさんの話をした。懐かしく共有した時間をかみしめるように話をしてとても楽しかった。友人がたくさんの版画の道具を手土産で持ってきてくれて、それが今まで見たこともない形をしたバレンなど、でもとても古くからあるもののようで、とてもユニークで奇抜で楽しげな道具だったので、面白くて手に取ってずっと眺めていた。手触りもとても良いし、乾いた竹の香りがする。伝統のものってこういうものだと思い込んでいるけれど、じつはいつもとても革新的なものだったはずだと改めて感じた。

場面変わり日本のどこかちいさな町にいる。今日は神事のお祭りの日だ。町の女性が白い手ぬぐいでほっかむりをしておおきな竹製の蒸し器でお米?かお餅のようなものを蒸している。にこにこしてみんなとても楽しそうだ。男の人はみんな裃を着て忙しそうに土の道を行き来している。みんな小柄な人だ。私は両親と歩いているが、女性用だけれど男性のような着物を着ている。よくは知らないが馬に乗るときの着物かもしれない。神事では馬を引くらしいのだが、ほっかむりの女性たちが私を見て「あの子に(夢の中のことですゆるしてください;)馬を引かせたらいいのにねぇ」「うんうん、そうだそうだ、あの子が引くといいねぇ」と話している。馬を引くのは青年の役目のようだ。私が引けたらよかったなと思って笑っている、そんな夢。

 

あのはじめてみたバレンはいったいなんでしょう??気になります~。本当にあったらすごい。。。それにしてもバレンの夢も裃の夢も、初めてかもしれません!

明日4日の朝9時30分から10時まで、静岡第一テレビで新春知事対談の特集番組が放映されます。風鈴パパ・牧野宗則が知事様と対談いたしますので、みなさまぜひご覧になってください〜!ヾ(^∇^) 熱いトークが期待されますね!!

謹賀新年!

皆様、明けましておめでとうございます(^▽^)/
今年一年が皆様にとって、明るく健康で実りのある年でありますように!
風鈴丸は今年はギャラリーベルセーブさん、新宿伊勢丹アートギャラリー、静岡松坂屋美術画廊で個展が予定されています。今年も自分の納得のいくよい仕事ができるように、気持ちも新たにがんばってまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします♪

カレンダー

<   2013年1月   >
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

月別 アーカイブ