2013年2月アーカイブ

夜、電車に乗っている。少し混んでいるので私はつり革につかまっている。前に座っている男性は20代後半に見えるが黒の学生服を着ている。うとうとと眠っているようだ。何か変だなとおもったらつけまつげをしている。ちょっとびっくりしてまじまじ見ていたら、その男性ははっと気づいて眼を開けた。その拍子になぜかつけまつげがとれてしまい、慌ててまたつけようとしている。びっくりしている私と目が合って、「とれちゃいました、もう一度ちゃんとつけないと・・・!」と慌てているので、「ここでもう一度つけるのは大変じゃないですか?」といったらそうですよねとしきりに照れ笑いをしている。なんだかおかしくてその人と一緒に電車の中で笑っている夢。

神殺しの家の夢

明るい昼間だ。私は神社にいる。山あいの開けた土地につくられた古い時代の神社だが、建物は比較的新しく見える。土地が明るいようだ。正面から見て左手になにかの神事を行う場が設けられている。ここには代々神殺しの東家という一族がいて、その神社にまつわる特別な神事を請け負うらしい。土地の人はみんな東の家と呼んでいるようだ。東ノ家だろうか。神を殺すとは恐ろしげな呼ばれ方だが、忌み嫌われる風ではなく、大切な儀式の担い手といった捉え方のようだ。内容はおそろしいのに、夢はひたすら明るい太陽でいっぱいだ。

私は旅人でしたからその家の者ではありませんでした。かみころしと聞こえたのでこの字で書きましたが、本当に神殺しなのかどうかはわかりません。とても明るい場だったので、悪い意味合いではないと思うのですが。。

なまあたたかい風が・・・

変なお天気ですね。雨がやんで明るくなったと思い、窓を開けたらむわ〜〜となまあたたかい風が・・・!!んーー;気持ち悪い!遅れている開花は少し早くなるのでしょうか?

カレンダー

<   2013年2月   >
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

月別 アーカイブ