お坊さんとおにぎりと観音堂と雷の夢

昔の日本、私は少女で家族でお寺の仕事をしている。大きな法要が終わり手のひらにはもらった炊きたての白米の塊。おいしくなぁれと言いながらおむすびにしているととなりにいたお坊さんが生唾を飲んでおにぎりをみている。これどうぞと差し出すと、ありがたいありがたいと夢中で食べている。本堂を背に家族で歩き出す。よいお天気だったのに突然の土砂降り。慌てて雨宿りに駆け込んだ古い建物は真っ暗で雨の音が激しい。ここは観音堂だ。建物の中まで土砂降りのような激しさだ。まるで映画のシーンのようだ。雷が落ちたりしませんようにと母親の着物にすがりついている。

カレンダー

<   2014年5月   >
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のブログ記事

虎の夢
今日は虎の夢を見ました。頭がと…
津波?とおにぎりと紙幣と歌の夢
海のきわにある売店にいる。だん…
少し秋の気配
少しずつ秋の風になってまいりま…

過去のブログ記事一覧はこちら

月別 アーカイブ