夢占いと風鈴丸の夢

風鈴丸が子供の頃からよく夢を見るのは皆様ご存知の通りなのですが、これだけ夢を見ても夢占いが当たったということはほぼありません。なぜか、というと先日見たこんな夢の例が。

大きなコンクリの四角い家に住んでいる。大家族で住んでいるようだ。私はキッチンにむかって歩いていて、家族に「お昼ご飯食べそびれちゃったよ、いま何時かな?5時?!えぇ、、、じゃあもう諦めて夕食まで我慢しようかな。」と言っている。おもむろにしかも冷静に小皿をとって壁に投げて割る。床に散った磁器の破片が北斗七星の並びで光っている。湖に映った北斗七星の並びだなと思って見ている。部屋のようすに重なって夜の森と湖が見えはじめた。


夢占いの中で判断しようとすると、何かを割る=日常や家族に不満がある などとなってしまいますのであまり気にしないようになりました。多分、見ている夢の世界の周波数が違うのかもしれませんね(*・∀・)

短編映画を見ているような映像の美しい、自分の見る夢が大好きです。


カレンダー

<   2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のブログ記事

10月に静岡松坂屋で個展です♪
みなさまこんにちは〜ε(*╹◡…
虎の夢
今日は虎の夢を見ました。頭がと…
津波?とおにぎりと紙幣と歌の夢
海のきわにある売店にいる。だん…

過去のブログ記事一覧はこちら

月別 アーカイブ