お知らせ

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21
おはようございます〜*\(^o^)/* 今日は摺りの実演とトークがあります。文化村ギャラリーで14時から、入場無料です。ぜひお出かけくださいね!準備着々です♪
GWはじまりましたね\(^▽^)/お天気も良さそうです。みなさま楽しい連休をお過ごしくださいね。連休の終わった後は 文化村ギャラリーでの風鈴丸の個展!でお楽しみください♪
早いもので今回で6回目の個展開催となります。皆さんの応援ありがとうございます〜!
今回は2度にわたりギャラリートークと木版画の摺りの実演をいたします。ぜひ日程をあわせてお出かけください。

会期:2014.5.14(木)--5.25(日)
会場:Bunkamura Gallery   
   渋谷区道玄坂2-24-1 03-3477-9174
   10:00−19:30 会期中無休 入場無料
作家来廊日:5.14ー18 5.21ー25

摺り実演&ギャラリートーク:5.18(日)と5.24(土)各日14:00〜


14文化村DM.jpg

14文化村DM裏.jpg



こんにちは(^-^)/ 今朝の静岡新聞朝刊で、済生会病院小児外来の壁画を大きな記事で紹介してくださいました。ありがとうございます*\(^o^)/* オンライン記事はこちらになります。ぜひご覧下さいね♪
実は昨年から数ヶ月かけて進めてまいりました、静岡済生会病院での小児外来待合室の装飾ですが、先日完成いたしました\(^▽^)/ 済生会病院の望月先生、竹内先生、千葉大学の柳澤先生率いるチームの皆さん、本当に楽しい時間をありがとうございました。とても素敵な仕上がりで、牛乳太郎もこれから子どもたちを和ませてくれたらいいなと願っています。丸二日かけての作業は大変でしたが、仕上がりを見ると充実感がみなぎりましたね♪ 作業経過をぜひ参加している気持ちになってご覧になってくださいね(^▽^)/

済生会1.jpg 済生会2.jpg
これが最初の小児外来の様子です。白く長い廊下が殺風景だということで、望月先生がもっとあたたかく子どもたちが不安にならないような待合室にしようと働きかけをしてくださいました。

済生会3.jpg

牛乳太郎が・・・!猫かむりのニャ太郎さん(仮)・・・!!
一体どんな待合室になるのでしょう??

済生会4.jpg

養生も終わり作業開始です。千葉大の学生さんがすべての準備と手順を整え、お手伝い参加してくれる高校生の皆さん、看護学校の生徒さんにもテキパキ指示をしています。手際が良くてすばらしいです。

済生会5.jpg

型紙を壁にあててアウトラインを鉛筆で下書きしています。

済生会6.jpg

小児科の先生も参加して塗料で壁に木を描いていきます。でもその前に葉っぱを描く練習をみんなでしています。風鈴丸は1年中筆を持っていますが、普通は絵筆を持つ機会はなかなかないですものね。筆ならし腕ならし!

済生会7.jpg

さあいよいよ本番描きです。みなさん壁に直接描くということで最初は少し緊張気味でしたが、どんどん筆が走るようになりました。楽しそうですね〜!

済生会8.jpg

もちろん風鈴丸も描いていますよ。つい一生懸命描いてしまうのは職業病ですね(〃∇〃) 
後ろで先生のスマイルが炸裂していました。

済生会9.jpg

幹チームの作業も着々と進みます!

済生会10.jpg

葉っぱは2色展開ですね。ちょっとマットなパステル系の落ち着いたきれいな色です。抹茶色ですね〜。かわいいです。

済生会11.jpg

だんだん全体が見えてきました〜。

済生会12.jpg

あちこちに牛乳太郎が!絵が細かくなるので、牛乳太郎は風鈴丸が描いた原画をそのままシートに印刷してくださいました。抱き合ってる牛乳太郎はぜひ描きたかったのです。

済生会13.jpg

これは受付窓の上部になります。牛乳太郎が牛乳から飛び出しているところ。おなじみのシーンですね!

済生会14.jpg

済生会16.jpg

済生会15.jpg

済生会17.jpg

第一診察室から順番に第四診察室までの入り口のドアです。牛乳太郎がお出迎えしてくれますから、こわくないよ〜!というかかわいいですよね、ほんとに。並んでみるとちゃんと牛乳の雫がぽよんぽよんと飛んでいって第四診察室までいくようになっています。


済生会18.jpg

柳澤先生はリンゴの木担当でした。建築科の先生ですから作業が正確なのですね〜。もちろん学生の皆さんもですが。先生と学生さんがとても仲が良くて、学校の外でのこういう活動が出来るなんてとてもすばらしいですよね(*'ー'*)

済生会19.jpg

廊下にはたくさんの動物の足跡が登場です。ついて歩くと診察室にはいっちゃいますよ。

済生会20.jpg

竹内先生も参加してくださいました。「塗るのは結構すぐ慣れましたよ!」とさわやかな笑顔です。さすが〜!

済生会21.jpg

とうとう完成です!あまり子どもっぽくならないようにということで、色のトーンなどは少し落ち着いた明るく優しい色使いになっています。かえって明るく見えてとても良い感じですね(^▽^) ここは診察室入り口の正面の壁です。

済生会22.jpg 

済生会23.jpg

ドアはこんな感じです。かわいい〜(*'ー'*)

済生会24.jpg

受付の窓にはリスが登ってますね♪


済生会26.jpg

廊下はこんな感じになりました。向こうから歩いて来た時に、あれ?この先に何があるのかな?という感じがしますよね。距離が長いのでまとめで画像に写せないのが残念です。

済生会28.jpg

すべて作業が完了し、ベンチソファも並べ終わりました。このとき2日目の18時近くになっていました。皆さん本当におつかれさまでした。机の上のものに描くのとは違って、壁の高いところや足下の低いところの壁面に描くのはとても体力がいるのです。腕を肩くらいにずっとあげているだけでもたいへんですのに、神経を集中して描くわけですからそれは大変なことです。千葉大のチームの皆さんがすべてやり終えてぐったりと疲れているなかでも充実感を味わっているシーンです。本当に素敵な経験ですね。

済生会27.jpg

最後に皆さんで記念撮影です。お花まで贈っていただきました。本当にどうもありがとうございました。私は幼稚園の時に数ヶ月入院したことがあるのですが、その時の不安感や恐怖感は大人になってもずっと残っています。今回この企画に参加させていただくことができて、あの時の不安な顔をしている子どもの自分のためにも牛乳太郎を描こうと思いました。そしてその牛乳太郎たちが、その時の私と同じように不安な気持ちで病院に訪れる子どもたちや親御さんの気持ちをすこしでも和ませてくれたらいいなと、そう願っています。済生会病院へ訪れる機会がありましたら、ぜひ小児外来ものぞいてみてくださいね〜!

19日の毎日新聞朝刊4面に、「和と美と日本人」と題した牧野宗則の仕事の紹介記事が一面カラーで掲載されました。日本人の美意識や日本人の中に生き続けている和の心について書かれていますが、木版画のことを全く知らない方が読んでもとても良くわかる表現で、すてきな記事になっています。代表作の「日本のこころ」の作品画像とともに牧野宗則がアトリエで版木を紹介している写真も大きく掲載され、全国の皆様にご覧いただくことができました。まだご覧になっていらっしゃらない方もぜひ読んでみてくださいね!

おはようございます〜♪ 静岡市街地はやはり雪は降りませんでしたが、裾野のアトリエは大変な大雪になっているようです。今朝19日の毎日新聞4面に「和と美と日本人」と題して牧野 宗則の一面特集記事が掲載されています。ぜひご覧くださいね!
昨年の平野美術館での展示会は、とても楽しい展示でした。ワークショップなどもあり富士山をいろいろな角度で楽しんでいただけたのではないかと思います。大きな展示ケース内の富士山と牛乳太郎の作品は、とてもカラフルで楽しげで、でもちょっと不思議な雰囲気がして、作っている時もとても楽しかったです。浜松まではなかなか出かけられなかったという皆様のために、少し画像でご紹介いたしますねヾ(^∇^)

13平野美術館9.jpg
富士山と月や星はコラージュ作品です。風鈴丸の木版画や油絵、アクリル画などの部分をコラージュして七色の富士山とお花にあふれた大地を描いています。空に浮かぶ月は欠けては満ちる星のめぐりを、そして星々の中にそれぞれの世界や物語を予感させるような絵柄になっています。
そして.........


13平野美術館2.jpg
牛乳太郎が富士山のまわりを飛ぶ・・・!

13平野美術館3.jpg
飛ぶ・・・・・・!!

13平野美術館6.jpg
いっぱい飛ぶ・・・・・・!!!!!

13平野美術館4.jpg

どーーーん!!!!(ピントあってませんが)

・・・・本当にかわいいですよね牛乳太郎。いえ、親バカではありませんよ、事実なんです。これだけ飛び回れば牛乳太郎も楽しかったことでしょう。(^▽^)

13平野美術館5.jpg
飾り付け作業中の風鈴丸。牛乳太郎以外と大きいでしょ?フエルトで制作しています。大きいから時間かかって大変だったんですよ。

13平野美術館7.jpg
コラージュだけでなく、富士山の描かれている木版画とアクリル画も、展示されました。

13平野美術館8.jpg
こちらは牧野宗則のブロックス・アート®のコーナーです。見応えのある大作がたくさん展示されました。重厚感があるのに鮮やかで、ほかにはない表現方法ですね。木版画も数十点展示されました。

こういう企画の展示もとてもおもしろいですね。子どもたちも大勢見に来てくれました。
またの機会にはぜひ、皆様お出かけくださいね〜!


先日平野美術館で、風鈴丸がワークショップを行いました。富士山の作品を集めた展示会にあわせて「スクラッチボードで富士山を描こう!」というなんだかおもしろそうな企画です(^▽^) 定員15名のところにご応募いただいた皆さんではじまりました!(残念ながら今回ご参加いただけなかった皆様、申し訳ございません(>_<)次の機会にはぜひご参加ください!)

そもそもスクラッチボードというのは、時々スクラッチくじなどでコインで銀色のところを削ったりされたことがあるかと思いますが、その黒いバージョンで絵を描くように作られているものです。スクラッチペンで描き削るようにして描いていきますと表面の黒色が削れて下の白色が出てくるというものです。今回はもっと楽しくなるように青、赤、緑のそれぞれの色が出るボードを用意いたしました。これは風鈴丸の描いた見本です。
13平野美ワークショップ1.jpg

皆さんスクラッチボードを使うのは初めてです。小学1年生から高校生、大人の方と年代関係なく皆さんで楽しく挑戦です!

13平野美ワークショップ2.jpg

1時間で描ききろうというものですから下絵は直感でどんどん描いていきますよー。

13平野美ワークショップ3.jpg

高校美術科のみなさんはさすがに描き慣れていて、どんどん筆が進みますね。描く人の筆圧で色も少し変わってきます。深く削れるほどに白くなるんですよ。中日新聞さまが取材に来てくださいました。

13平野美ワークショップ4.jpg

13平野美ワークショップ5.jpg

笑い声も絶えず和気あいあいと制作は進みます。みんながんばってる!

13平野美ワークショップ6.jpg

ペンに慣れるまでは思ったような線をだすのが以外と難しいのです。細い線の集まりで太い線を描かなくてはなりませんから、仕事量が多いのですね。みんな真剣ですが、集中している時はとても楽しそうです(*'ー'*)

13平野美ワークショップ7.jpg

13平野美ワークショップ8.jpg

付き添いのご家族の方も時々参加されていましたね(^▽^) 

13平野美ワークショップ9.jpg

短い時間でしたのに皆さんほぼ描きあげていっています。集中力はさすがです!それにしても皆さん本当に上手に描けています。同じ富士山でも描く人によって全然違うものになるのもおもしろいですね。スクラッチボードに描く富士山は、ちょっと不思議な雰囲気も出てくるのでしょうか。

13平野美ワークショップ10.jpg

さあ完成です!記念にみんなで記念撮影をパチリ☆皆さんとっても上手にかけてよかった!楽しかったですね〜(^▽^) 描き足りなかったところはぜひお家で仕上げてみてくださいね!それにしてもあれだけがんばって描かれたのですから、かなり疲れたのではないでしょうか。皆さんの頑張りに脱帽です。またこんな機会がありましたら、ぜひいらしてくださいね!



ただいま平野美術館(浜松市)で開催中の展示会「ふじ --霊峰富嶽の名画がズラリ--」で風鈴丸の作品が展示されています。横山大観や葛飾北斎、日本最古の富士山の屏風などと並び、牧野宗則の木版画とブロックス・アート約20点と、風鈴丸の作品数点が展示されています。そのなかで3×2mの展示ケース内を風鈴丸が自由に富士山を表現しています。これが本当にかわいくて必見!!!なのです!\(^▽^)/ コラージュで作られた七色の富士山のまわりを牛乳太郎たちが飛び交います。可愛い・・・可愛すぎる!!会期が長く12月23日まで開催しておりますので、皆様ぜひご覧になってくださいね!

13平野美術館1.jpg

また、12月8日には風鈴丸がワークショップを行います。「スクラッチボードで富士山を描こう!」というものですが、小学生から大人までみんなで気軽に楽しく富士山を描こう!というものですので、絵を描くのが苦手な方でもお気軽に申し込んでくださいね。定員は15名ですが、人数が多かった場合には抽選になるそうです。応募締め切りは11月18日です。応募方法などは下記に詳しく記載いたしますのでぜひ応募してみてくださいねヾ(^∇^)


「ふじ --霊峰富嶽の名画がズラリ--」
会期:2013年10月26日(土)〜12月23日(月・祝)
会場:平野美術館  〒430-0942 静岡県浜松市中区元浜町116
          TEL 053-474-0811
開館時間:午前10時〜午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日:月曜日(月曜日が祝日の場合は開館・翌日休館
観覧料:大人800円、中高生300円、小学生200円
    ※20名以上は団体割引あり
    ※土日に限り小中学生無料


ワークショップ「スクラッチボードで富士山を描こう!」
12月8日(日)午後2時〜3時
講師:風鈴丸(木版画家)
定員:15名(小学生以上)
材料費:500円
参加費:無料(本展観覧券が必要)
申し込み方法:往復はがき(住所・氏名・年齢を明記)にて
〒430-0942 静岡県浜松市中区元浜町116 「平野美術館ワークショップ」係まで
(11月18日(月)必着)
※1枚のはがきで2名様まで応募可、申し込み多数の場合は抽選となります






松坂屋での個展は無事終了いたしました。前半は台風などが心配でしたが、そこは晴れ女の風鈴丸、週末はお日様いっぱいのお天気となりました♪ 本当に大勢の皆様にお出かけいただき、にぎやかな楽しい個展になりました。お出かけくださいました皆様、本当にありがとうございましたヾ(^∇^)
牛乳太郎もたくさんいて、楽しい会場だったと思います。なかには孫のように可愛いといってくださる方も・・・!!!わかります、わかりますともその気持ち!

13松坂屋1.jpg

13松坂屋2.jpg

木版画とアクリル画は、点数的にはほぼ半々だったと思います。制作にかける時間も労力も木版画の方が多いのですが、早く描ける分アクリル画のボリュームが多くなりますね。なんでわざわざ手間もかかって大変な木版画をやるのかとたまに聞かれることがありますが、好きだからとしかいいようがないのです。自分でも不思議ですが( ̄ー ̄;

13松坂屋3.jpg

風鈴丸の個展に来てくださる方は、年代に偏りがないようです。小さなお子さまから小中高生、学生さんから40代、60代、90代のかたまで、、、。ご家族で見える方も本当に多いです。家族で美術館ではなく画廊で絵を楽しまれるなんて、本当にステキですよね(^▽^)

13松坂屋4.jpg

フェルトでつくった牛乳太郎です。・・・・・かわいい、かわいすぎる!!もちろん風鈴丸の手作り1点ものです。大きさもあるので作るの大変でした(>_<)でもかわいいからがんばったです。

13松坂屋5.jpg

13松坂屋6.jpg

皆様に楽しんでいただけましたら、とてもうれしく思います。また是非個展にいらしてくださいね〜!




1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21

カレンダー

<   2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

月別 アーカイブ