静岡新聞に記事が(´▽`)

今日の静岡新聞朝刊に、ふじのくに地球環境史ミュージアムでの作品展と21日(土)のネイチャー×アートトークの紹介記事を掲載してくださいました。ありがとうございます(*・∀・*)現在トークの準備中です。どうぞお楽しみに〜!

17ふじのくに4.jpg
ふじのくに地球環境史ミュージアムでの作品展「星の教室」とても好評です♪21日(土)14時〜15時は昆虫学者の岸本先生、植物学者の高山先生、風鈴丸のネイチャー×アートトークがあります(予約不要)とても楽しい時間になりそうですね!ぜひお出かけください。画像は牛乳太郎視点の教室の様子。

17ふじのくに3.jpg


昨日の毎日新聞朝刊でふじのくに地球環境史ミュージアムでの作品展の記事を大きく掲載していただきました(*・∀・)ありがとうございます♪ 風鈴丸の作品にあわせた標本や顕微鏡が展示され教室の中で楽しめます。おもしろい〜!そして楽しい!

17ふじのくに2.jpg

今日から作品展開催です♪

今日からふじのくに地球環境史ミュージアム内で風鈴丸作品展「星の教室」開催です!(*・∀・) 作品にちなんだ昆虫標本や植物・鉱物標本、顕微鏡などと一緒に作品をご覧いただくとても楽しい展示です。虫の音を聴きながら不思議な世界をお楽しみください〜!



みなさまこんにちは〜(*・∀・*)
ふじのくに地球環境史ミュージアムで、

ネイチャー×アート実験 風鈴丸作品展 「星の教室」  が開催されます。
 
美術系のミュージアムではなく、自然博物館のミュージアムでの実験企画の
作品展なんて初めての試みでとてもワクワクいたします!昆虫や植物や鉱物
の美しさや不思議さに対する気持ちは、絵画も科学も実は同じものなのです
ね。美しい自然を見て、絵描きは絵を描き研究者は研究をする、そんなこと
が、実は違う学科ではなく根本は同じなのだというところからのこの興味深
い実験企画です。南高あとの校舎をミュージアムとして開館したばかりの、
まだ新しい魅力的なミュージアムです。

また会期中には昆虫学者の岸本先生、植物学者の高山先生と風鈴丸の3人で
「星の授業」と題したトークイベントを行います。どんなお話になるのか、
とっても楽しみです♪ ぜひご応募くださいね。

風鈴丸の作品と標本が並ぶ不思議で楽しい展示会です。どうぞお楽しみに〜!



ネイチャー×アート実験 風鈴丸作品展 「星の教室」

平成29年10月7日(土)ー29日(日)
ふじのくに地球環境史ミュージアム
開館時間:10:00ー17:30(最終日入館は17:00)
休館日:月曜日
観覧料:常設展観覧券でご覧いただけます
    一般300円、団体200円、
    学生(大学生以下)70歳以上身体障害者手帳等お持ちの方無料

ネイチャー×アートトーク「星の授業」
講師:岸本年郎(昆虫学者)
   高山浩司(植物学者)
   風鈴丸(木版画家)
10月21日(土)14:00−15:00
会場:ふじのくに地球環境史ミュージアム2階講堂
定員:100名(当日10:00から1階インフォメーションにて入場整理
   券を配布いたします)
料金:無料(入館には常設展観覧券が必要です)


17ふじのくに星の教室DM.jpg

梅田阪急7階美術画廊で10月3日まで、牧野 宗則木版画展開催中です(*・∀・) 日曜日までは作家が会場におります(午後)ので、ぜひお出かけください!

みなさま、こんにちは〜(╹◡╹) 毎日暑いですね。暑さに弱い風鈴丸には今年の夏は厳しいです、、が、頑張っておりますよ!展示会のお知らせです。

静岡伊勢丹開店40周年記念彩り祭の記念展として「パリ万博から150年のジャポニズム 牧野 宗則・風鈴丸 二人展」を開催いたします。大きな美術催事はなかなかありませんので、ぜひお出かけくださいね!
会期中2度アーティストトークを行います。牧野 宗則と風鈴丸と、二人揃ってのトークは初めての試みです。どんなお話が出てくるのかな。入場無料ですのでこちらもどうぞ楽しみに〜♪



静岡伊勢丹開店40周年記念彩り祭

「パリ万博から150年のジャポニズム 牧野 宗則・風鈴丸 二人展」

会期:2017年8月30日(水)ー9月4日(月)
会場:静岡伊勢丹8階=大催事場 入場無料


牧野 宗則・風鈴丸 アーティストトーク開催
8月30日(水)午後2時〜2時30分
9月2日(土)午後2時〜2時30分


17静岡伊勢丹DM.jpg

花火大会

安倍川の花火大会ですね〜!家から見えるので猫とながめました。キレイですね(*゚ー゚*)

すそのスタイル

先日取材でアシタカツツジの原生林に行ってまいりました「すそのスタイル」が発行となりました。裾野市で制作しているフリー冊子です。今回のテーマは「花」。風鈴丸も花についてのエッセイを書かせていただきました。ぜひお手にとってご覧になってくださいね!

17すそのスタイル.jpg

ばれんの菊英さん

いつもお世話になっているバレン工房・菊英さんが、テレビ番組でフランスの版画家のかたにバレンについて説明する様子が放映されていました。バレンの重要性を知っていただけるのは本当にうれしいです。後藤さんのバレンのクオリティはとても高く繊細です。きっと驚かれたことと思います。

カレンダー

<   2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のブログ記事

かわいい木屑たち
直線で板木を彫るとできる木屑た…
金魚の夢
すごい雨風ですね、みなさまお気…
秒針と音楽
今日は時計の秒針の音がよく聞こ…

過去のブログ記事一覧はこちら

月別 アーカイブ